【調査項目一覧】

覆工背面空洞探査

覆工厚さ、空洞、滞水、支保工を探査します。各対象・各目的に対しての最適のレーダシステムを使用し計測いたします。

覆工背面空洞探査
非接触背面空洞探査

覆工厚、空洞を走行しながら計測が可能です。規制を必要としません。

非接触背面空洞探査
走行型計測(MIMM-R)

走行しながらトンネル画像、高精度な点群データ背面空洞の探査が可能になりました。
トンネルの健全性が診断できる次世代型のトンネル計測システムです。

走行型計測(MIMM-R)
トンネル定期点検

発注元(国、自治体)の要領に準拠した目視調査、打音点検を実施いたします。

トンネル定期点検
内空断面計測

レーザーユニットによりトンネルや鉄管等の内部断面形状を簡便に計測します。設計断面との違いをチェックするのに最適です。

内空断面計測
孔内撮影

コア孔、ドリル孔より覆工背面の状況を確認いたします。照度が高いため奥まで撮影できます。

孔内撮影
連続壁面画像撮影

トンネル壁面を撮影します。取得した展開画像上に変状を記載可能です。システムが小型のため小口径トンネルでの使用も可能です。

連続壁面画像撮影
Cavity-Eye(3次元空洞形状計測装置)

トンネル背面空洞などの空間をレーザーで3次元的に計測し、形状及び容積を把握します。

Cavity-Eye(3次元空洞形状計測装置)
移動式自動打音装置

車両に搭載した自動打撃装置を用い、縦断方向に移動しながら計測します。計測結果は数値化され、コンクリート性状の確認が出来ます。

移動式自動打音装置
コア削孔(バッテリー式含む)

コンクリート構造物にコアマシンを設置して削孔を行い、コアを採取します。発電機を使わずバッテリーでの削孔も可能です。

コア室内試験

コアボーリングで採取した試料から各種室内試験を実施します。